生活

お盆のお供え物を川に流す意味は?流せないときはどうすればいいの?

投稿日:2018年5月23日 更新日:

お盆は、お先祖様が

帰ってくる重要な行事ですね。

 

ご先祖様が

好きな食べ物をお供え物したりしますよね。

日本の古くからの風習で、

お盆で使用したお供え物を

川に流す人もいると思います。

 

そもそも何故川にお供え物を流すのでしょうか?

また近くに川が無い場合は

お供え物をどうすればいいのでしょうか?

 

そこで今回は、

「お供え物を川に流す意味」と

「川に流せないときはどうすればいいか」

まとめてみました。

 

・お供え物を川に流す意味は?

火をともした灯篭を、お供ものなどと一緒に

川に流す行事を灯篭流しと言います。

お盆の送り火の一種です

 

広島県の「灯篭流し」や

長崎県の「精霊流し」が有名です。

 

灯篭流しですが、

どのような意味があるのでしょうか?

 

調べてみたところ、

灯篭をお供え物と流すことで、

死者の魂を弔う目的があるそうです。

またお盆に帰ってきたご先祖様を

再びあの世に送り出す意味があります。

 

最近では川が汚れてしまう、

下流の漁業に影響が出るなど

環境面の問題があるので地域によっては禁止

されているところもあります。

 

昔からある風習が

禁止されてしまうのは悲しいことですね。

 

ですので川に流すときは

地元の役所に確認してからやるようにしましょう。

 

また地域では上流で流して下流で引き上げたり

灯篭を回収して公民館などでお経をあげるなど

工夫して行われているところもあります。

 

・川に流せないときはどうするの?

川に流せなかったり、

川が近くにない時はどのようにして

お供え物を処分すればいいのでしょうか?

 

 

お寺でお炊き上げをして処分するのが一番です。

ご先祖様のお供え物なので、

お寺で処分してもらうのが何かと良い気がします。

だけどこれハードルが高いですし、

費用も掛かりそうですよね・・・

 

でも安心してください

他にも方法があります。

 

埋めて土に還したり、

庭に捨てて鳥や虫につっついてもらい

土に還しましょう。

 

自宅に庭がある人は、

庭に埋めたり捨てたりすると良いでしょう。

これなら費用も掛かりませんし、

簡単にできますね。

 

今時ですから

お供え物に入っている添加物や化学物質を

土に還すなんて環境に悪いと思う人もいますよね。

また近くに埋める場所が無い人もいますよね。

 

そういうときは、

お供え物をキッチンペーパーや半紙など

白い紙に包み塩で清めてからゴミに出しましょう。

 

お供え物をゴミとして出すときは、

「ありがとうございます」と感謝の気持ちを持って下げましょう。

お供え物を頂く感謝の気持ちを伝えるのが大切です。

そうすればご先祖様にも失礼になりませんよね。

 

またご飯やお菓子のお供え物は食べても大丈夫です。

なるべく食べて処理する量を減らしましょう。

食べるなんて失礼にあたるんじゃないか

不安な人もいると思います。

だけど安心してください大丈夫です。

調べたところ、

お墓や仏壇にお参りをしている最中に

ご先祖様は、お供え物を召し上がっているそうです。

 

召しあがった後に、

お供え物をしてくれたお礼として、

お供え物を返してくれるそうです。

お礼なので食べない方が失礼ですよね。

 

また、ご先祖様の立場に立てば、

腐ったり悪くなったりしたものを放置しておくのも、

あまりいい気分じゃありませんよね。

ですのでお供え物を食べても大丈夫です。

 

お供え物のご飯は

湯気が出なくなったら下げても大丈夫です。

 

お供えをしてから湯気が出なくなるまで

10分ぐらいですから食べられますね。

傷んでたりしたら無理に食べる必要はありません。

感謝の気持ちを伝えて処分しましょう。

またお菓子は家族で食べたり、

お参りに来た人に配るなどして、

美味しくいただきましょう。

 

食べ物を捨てたりせず、

美味しく頂いた方がご先祖様も喜んでくれますね。

お供え物を皆でいただくことが、

お先祖様の供養につながります。

またお盆に作るキュウリとナスで作る馬と牛は、

数日間飾ったりして傷んでいるので食べるのは止めましょう。

 

またこの牛と馬はご先祖様を迎えいれる,

帰ってもらうための神聖な物なので

食べるのは何だか悪い気がしますよね・・・

前に書いた通り

白い紙に包み塩で清めてから捨てるのが良いでしょう。

・まとめ

お供え物を川に流す灯篭流しは

ご先祖様をあの世へ帰す意味があります。

 

環境への配慮もあって、

灯篭流しの習慣がなくなってきているのは

悲しいことですね。

 

お盆に帰ってくる

ご先祖様を迎えることも大切ですが、

ご先祖様をあの世へ返すのも

同じくらい大切なことです。

 

ちゃんと使用したお供え物を片付けて、

ご先祖様が快く帰れるようにしましょう。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

美容院に行く前日に髪を洗うかどうか迷った時の対処法紹介します!

「お客様、昨日は洗髪されましたか?」「え?」 私は普段、お洒落には気を遣わない50歳のオジサンなのですが、 人と接する仕事柄、清潔感が重要だと気付き、友人の勧めで意を決して初めて美容院へ行った時の事。 …

子供の日は何歳まで祝うの?鯉のぼりなどはいつまで飾ればいいの?

「子どもの日」は5月5日で、もともとは「端午の節句」という男の子の健やかな成長を願い、 兜鎧、五月人形を飾ったり、鯉のぼりを立ててお祝いする日でした。   そんな子供の日は子どもがいくつにな …

レコードのパチパチ音が気になる!ノイズを除去する方法まとめました!

CDやダウンロードでは味わえない、深みと温かみのある音が聴けるレコード。 最近は、超高音質音源が流行する一方で、アナログなレコード音源の人気も再上昇しているようです。 そんなレコードならではの悩みが「 …

年少さんの夏休みはどう過ごす? おススメの過ごし方3選!

幼稚園に通える年齢になると、育児の手間も多少はラクになるのですが、意外とすぐにやってくるのが「夏休み」。 普段忙しいママさんにとっては我が子と一日中過ごせる数少ないチャンスではあるものの、本音を言えば …

蛍光灯がすぐ消える!?その原因と対処法は?

「蛍光灯がすぐに消える!」 そんなトラブルに困っている人は意外と多いみたいです。   実は私もその一人で、つい先日、寝室の明かりが突然うまく点かなくなってしまいました。 ある日、いつも通り部 …