食べ物

目玉焼きが体に悪い?朝食の定番メニューとして嫌われる理由は?

投稿日:2019年6月11日 更新日:

フライパンに卵を落として、塩コショウをまぶすも良し。

お好みに合わせて、ソースやケチャップなどの味付けをしても良し。

カリカリにしたベーコンと一緒に焼けば、ベーコンエッグの出来上がり。

簡単にできて、かつバリエーションも豊富な目玉焼きは、誰もが知っている世界共通の料理です。

そんな絶大な人気を誇る目玉焼きが、体に悪い食べ物だという噂を耳にしました。

いままで栄養満点だと思っていた目玉焼きが、実は体に悪いだなんて・・・

目玉焼きが体に悪いとされる理由はなんなのでしょうか。

 

・目玉焼きが体に悪いって本当?

目玉焼きの原料は、言うまでもなく卵ですよね。

卵といえば『栄養の塊』と呼ばれるほど、栄養価が高い食べ物。

卵は栄養価が高いのに、なぜ、目玉焼きは体に悪いと噂されてしまうのでしょうか。

 

それは、どうやら卵に含まれているコレステロールが関係しているようです。

コレステロールという言葉は、テレビ番組なんかでもよく耳にする機会がありますよね。

あるいは、血液検査などの結果で聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

鶏卵を含む卵類には、そのコレステロールが豊富に含まれています。

卵を食べると血中のコレステロール値が上がってしまい、その結果、体に悪い影響を与えてしまう・・・

つまり、コレステロールが体に悪いから、目玉焼きも体に悪いとされているようです。

 

たしかに、コレステロールは、これまであまりいい印象ではありませんでした。

ところが近年、その考えは見直されることになります。

以前までは、1日のコレステロールの摂取量は厚生労働省が定める『日本人の食事摂取基準』に記載されていました。

しかし、最新版である2015年版の食事摂取基準には、コレステロールの摂取制限が撤廃されているんです。

 

どういうことかというと、食事によって摂取したコレステロールは、必ずしも血中コレステロールに影響を与えるわけではないそうです。

だからといって、目玉焼きを際限なく食べてもいいというわけではありませんし、食べても血中のコレステロールの値が上がらないとも限りません。

しかし、今まで考えられていたコレステロールへの悪いイメージは、確実に変化してきているということです。

 

・コレステロールとは

そもそも、私たちがよく口にしているコレステロールとは、いったい何なのでしょうか。

コレステロールとは脂質の一種で「善玉コレステロール」と、「悪玉コレステロール」の2種類があります。

善玉コレステロールを『HDL』、悪玉コレステロールを『LDL』と呼んだりもしますね。

『悪玉』と付くと、なんだか悪いイメージを抱きそうですが、実はそんなことはなく、

悪玉コレステロールは肝臓に蓄積されたコレステロールを体中に運ぶ役割をしています。

それに対し、善玉コレステロールは、余ったコレステロールを肝臓に戻す役割をもっています。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール、この双方の量が均衡を保つことによって、健康を維持しているんです。

 

ところが、偏った食生活を送っていると、善玉と悪玉のコレステロールのバランスが崩れてしまいます。

一般的には悪玉の方が多くなりがちで、悪玉が多くなると善玉の回収作業が追いつかなくなり、血液中のコレステロールの値が上昇してしまいます。

血液中のコレステロールの値が多くなると血管が固くなったり、狭くなったりするばかりか、血液がドロドロになってしまいます。

その状態が長く続くことで、動脈硬化や高血圧症、腎不全や糖尿病などの、生活習慣病に罹るリスクが高まってしまうのです。

 

・コレステロールによる生活習慣病を防ぐために

「生活習慣病に罹る」などと怖いことを書きましたが、目玉焼きを食べすぎたからといって、すぐに病に侵されるわけではありません。

コレステロールは先述した通り、個人差こそあるものの、一日のうちに卵を1つや2つ食べても、そこまで気にすることはありません。

 

それよりも、日常生活を少し改善するだけでコレステロールのバランスは良くなります。

暴飲暴食はしていませんか?

食事の時に常にお腹を満腹にする癖がついてしまうと、内臓がストレスを抱えてしまい、十分な活動ができません。

食事は腹八分目が理想と言われるのは、内蔵へのストレスを軽減するためでもあるんです。

しかし、急に減らすと逆にストレスを感じてしまいますので、そういった心配がある方は、少しづつ食事量を減らすことから始めてみましょう。

 

魚や大豆、野菜や海藻などを食べると、偏ったコレステロールの値を戻しやすいようです。

おかずに一品、加えてみてはいかがでしょうか。

 

また、運動不足の方は、有酸素運動をする事で悪玉コレステロール値が下がる効果が期待できるようです。

もちろんその場合は、1度や2度の運動ではダメですよ。

数週間から数か月にかけて行うつもりで、継続して運動することが大切です。

バランスの良い食事と適度な運動を常に心掛けていれば、コレステロールは怖くないのです。

 

・まとめ

目玉焼きが体に悪いとされる理由の一つには、コレステロールが高いことが挙げられるようですね。

確かに卵を使った料理はコレステロールが高いのですが、それに負けないくらい栄養価も高いんですよ。

 

今回の記事をまとめます。

①目玉焼きの悪評の原因はコレステロール

②コレステロールは善玉と悪玉のバランスが重要

③バランスの良い食事と、適度な運動でコレステロールも怖くない

 

気にしないと、いつの間にか上がっているコレステロールの値は気になるものです。

日頃からバランスの良い食事を心掛けると共に、生活に適度な運動を取り入れて、生活習慣病を予防していきましょう。

-食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ホットケーキが焦げるのを防ぐには焼き方が大事!焦げない焼き方を紹介します!

みなさんはホットケーキを焦がさずにふっくら焼くことはできますか?   私は子どもの頃からホットケーキをよく焼いていたのですが、 最初の頃はどうしてもホットケーキの外側が焦げているのに、 中は …

桜餅の葉はシソの葉なの?桜餅の葉は食べたほうが良いの?

春に桜餅を食べる人も多いと思います。 桜餅と言えば「春の食べ物」というイメージがありますもんね♪   ですが、桜餅を包んでいる葉は「シソの葉」なのでしょうか? 確かに緑色でシソの葉にそっくり …

ピザは何歳から食べても大丈夫なの?食べる際の注意点は? 

イタリア料理の定番といえばピザですよね♪ 宅配ピザも、冷凍ピザもあって、ちょっと小腹がすいたときなど、1~2切れも食べると結構満足感があります。   そんな何気なく食べているピザですが、小さ …

梅干しと牛乳の食べ合わせは体に悪いって本当!?その答えは・・・

「梅干し」と「牛乳」 この2つの食材は、日本人にとっては無くてはならないものですよね♪   ですが、梅干しと牛乳の食べ合わせは悪いって聞いたことがあります。 それって本当なのでしょうか? 梅 …

らっきょうは風邪に効くって本当!?体にいい食べ方は?

カレーの横にチョコンと乗っている付け合わせの「らっきょう」 その独特の風味とカリッとした食感がさらに食欲をそそりますよね♪   そんならっきょうですが、風邪に効くって聞いた事があります。 で …