食べ物

目玉焼きが爆発するのを防ぐにはあれをすればOK!水を入れれば爆発を防げるの?

投稿日:2019年3月25日 更新日:

みなさん目玉焼きってうまく焼けますか?

黄身が偏ってしまったり、破けてしまったり、白身をきれいに丸く焼くのも難しいですよね・・・

簡単なようで実は奥が深い「目玉焼き」。

 

私も家でよく作るのですが、先日恐ろしいことが起きました。

なんと焼いている最中に突然「ボンッ!」と爆発してしまったのです!

慌てて様子を見てみると、形はそこまでボロボロに崩れていませんでしたが、フタの裏には明らかに玉子が飛び散っていました。

爆発したときの音が大きかったので、もし近くに立っていたらもっと驚いていたでしょう。

想像すると、今後また目玉焼きを作ることが少しイヤになってしまいそうです・・・

 

「もうこんな思いをしたくない!」そう思って色々ネットで調べてみると、

同じような目玉焼きの爆発がたくさん起こっているようでした。

あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、目玉焼きの爆発を防ぐ方法をまとめましたので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

でも、なぜ目玉焼きが爆発するのでしょうか?

最初にその原因についてみていきましょう!

 

・目玉焼きが爆発する原因は?

そもそもどうして目玉焼きは爆発するのか?

お料理系の掲示板などでは「火加減が・・・」や「水を入れると・・・」など色々なことが書いてありますが、そもそもの原因ははっきりとは書かれていません。

ですが色々調べているうちに「卵黄膜」というキーワードが浮かび上がってきました。

 

「卵黄膜」はその名の通り、卵黄、つまり黄身の表面を覆っている薄い膜のことです。

よくテレビのコマーシャルなどで玉子の新鮮さをアピールするときに、

お箸でつまめるほどのしっかりした黄身が出てくることがありますよね♪

新鮮な内はこの卵黄膜がしっかりとした硬い状態だからつまんでも膜が破れない、ということみたいです。

玉子を割ってみても実は一目瞭然で、新しい玉子は割った時に黄身の部分が丸く盛り上がっていますが、

日数が経つにつれて卵黄膜がはりを失い、平たく広がるようになります。

 

 

でも実は、このしっかりと黄身を守っている卵黄膜こそが、目玉焼きの爆発のポイントなんです。

突然ですが、皆さんは目玉焼きをフライパンで作る時に、どのくらいの火加減で焼いていますか?

「とにかく半熟が好きだからずっと弱火」「カリカリなのが好きだから強火で」など、人によってバラバラだと思います。

私もこれまであまり気にすることはありませんでしたが、早くできるよう強火で焼いていた気がします。

ですが、強火こそが、実はあの爆発を引き起こしていたのです。

 

卵黄膜というのは意外と頑丈に作られています。

その中にはもちろん黄身が詰まっているのですが、強火で一気に熱を加ることで、黄身自体の温度が急激に上昇し黄身はどんどん膨らんでいきます。

卵黄膜を内側からグイグイ押し広げるように、黄身は膨張を続けます。

すぐに卵黄膜が破けてしまえばそこから黄身が流れ出して、

少々見た目が悪くなってしまうだけで終わりますが、新鮮な玉子ほど卵黄膜は頑丈です。

硬いゴム素材でできた風船がパンパンに膨らんでいく様子を想像してみてください。

やがて限界に達したとき、あの恐ろしい爆発が起こることが予想できますよね♪

 

・目玉焼きを爆発させない方法

目玉焼きの爆発を防ぐには、初めから焼き上がるまでじっくり「弱火」で焼くのが良いようです。

少し時間はかかってしまうかもしれませんが、爆発を防ぐことができます。

 

爆発を防ぐ以外にも「弱火」で焼くとムラがなく焼ける、といったメリットもあります。

一つの玉子でも、黄身と白身では火の通り方にどうしても違いが出てきてしまうのですが、

弱火で少しずつ少しずつ熱を加えることで焼きムラが出るのを防ぐことができます。

 

・目玉焼きを作るのに水はいるの?

ちなみに、ネットで色々調べていると、「焼く時に水を入れると爆発する」という意見と「水を入れると爆発しない」という意見が両方見られました。

そもそも目玉焼きを焼く時に水を入れる理由って、皆さん知ってますか? 

恥ずかしい話しですが、私は知りませんでした(笑)

 

なんでも「水を入れてフタをかぶせると、水蒸気で目玉焼きの上の方にも均一に加熱できるから」という理由のようで、

そうすると黄身の爆発を防ぐためには水を入れた方がいいような気がします。

 

ですが、水蒸気がとても高温になり、フタの上の方に熱が集まってしまいます。

フライパンに落とした玉子は黄身の部分が少し盛り上がって、

平たい富士山のような形状をしているので、その頂上にある黄身が水蒸気の熱を最も受けやすくなるのです。

 

もちろん下からの火の熱だけで温めるよりは全体に火が通りやすいと思います。

しかし、水を入れた場合でも、そのときの火加減や玉子の黄身の位置、他にもフライパンやフタの形状によっては、黄身の爆発を招いてしまうことがありそうです。

 

・まとめ

簡単にまとめると

・強火で焼くと黄身が膨張し、頑丈な卵黄幕が破れることで目玉焼きが爆発します。

・時間はかかりますが弱火でじっくり焼くことで爆発を防げます。

・水を入れて目玉焼きを焼くときは火加減や形状に注意してください。

 

玉子の新鮮さや形状にもよるので、100%爆発を防ぐことは難しいかもしれませんが、

あせらず弱火でじっくり火を通すことを心がければ、よりいっそう「目玉焼き」を美味しく楽しく作れるのではないでしょうか?

-食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

シチューは作って三日目でも食べられるの?長期間保存したいときは?

シチューは具材を入れてルーを加えるだけでできる簡単料理 それに大量に作って明日も食べようなんて人も多いと思います。   残ったシチューは三日目でも食べられるのでしょうか? 1日目なら余裕で食べられます …

目玉焼きが体に悪い?朝食の定番メニューとして嫌われる理由は?

フライパンに卵を落として、塩コショウをまぶすも良し。 お好みに合わせて、ソースやケチャップなどの味付けをしても良し。 カリカリにしたベーコンと一緒に焼けば、ベーコンエッグの出来上がり。 簡単にできて、 …

黒豆の保存方法!カビを防ぐためにはこれをすれば大丈夫!

カビを防ぐ黒豆の保存方法を知っていますか? 黒豆は、たんぱく質や繊維質など様々な栄養が含まれており、美容・健康にうれしい食材ですよね! そんな黒豆ですが、ちゃんと保存したつもりでも、いざ食べようと思っ …

ちらし寿司は冷凍保存しても大丈夫なの?美味しい冷凍保存の仕方は?

家族や親せきが集まった特別な日には、 美味しいちらし寿司が活躍しますよね! 様々な具材と酢飯がマッチして食欲が進んじゃいます♪   さて、この「ちらし寿司」ですが・・・作り過ぎた時はどうして …

里芋に透明な部分は食べても大丈夫なの!?見分け方はあるの?

秋から1月頃までと比較的長く美味しい時期が続く里芋。 食物繊維が豊富で低カロリーとヘルシーです。 寒くなると食べたくなってくる人もいると思います。 ところで買ってきた里芋の皮を剥いたら、透明な部分があ …