生活

【簡単】うちわの再利用方法はこれで決まり!

投稿日:2019年2月18日 更新日:

「大量にうちわがあるんだけど良い再利用方法はないかな」

そう思ったことはありませんか?

 

貰いすぎて余ったうちわを何とか再利用したいですよね

捨てるのはもったいないし・・・

私も夏になると街中でたくさんうちわを貰うのでうちわの再利用方法が気になります!

 

そこで今回はうちわの再利用方法について調べてまとめてみました。

 

・うちわの再利用方法

うちわの再利用方法を5つ紹介します。

 

①壁に飾る

好きなうちわの面を表にして壁に飾っちゃいましょう!

画鋲をを使うと壁に穴が開いてしまうので両面テープを使うと便利です。

この再利用方法はアイドルのうちわや綺麗なイラストが描かれたうちわの再利用にオススメ

逆に広告で貰ったうちわを部屋に飾るのはオススメできません。

壁に「10%オフセール!」などと書かれてたら何か嫌ですよね(笑)

 

 

②新しいうちわを作る

うちわに貼られている紙だけがボロボロになってしまったときにオススメの方法です。

まず最初にうちわに貼られている紙を剥がして骨組みだけにします。

うちわを水に浸けると紙が簡単に剥がれますよ♪

うちわの骨組みに木工用ボンドを使って新しい紙を張り付ければ完成!

紙の部分にイラストなどを描けばオシャレなうちわになりますよ♪

 

紙以外にも手ぬぐいや不必要なTシャツを切って張り付けてもOK

これなら紙のうちわよりも劣化しにくいです。

 

 

③工作の材料に使う

子供がいる家庭限定の再利用方法です。

要らなくなったうちわを工作の材料にしちゃいましょう!

うちわが子供の発想でどう変身するか楽しみですね♪

工作以外にも夏休みの自由研究に使うのも良いかもしれません。

 

 

④オークションで売る

アイドルやアニメのうちわはレアグッズとしてオークションサイトで売れるかもしれません

売れたらお小遣いになるので嬉しいですね♪

「ヤフオク」や「メルカリ」などのネットオークションを使うと簡単に出品できます。

オークションに出すのが面倒ならリサイクルショップで売ってしまうのも良いでしょう。

 

 

⑤捨てる

どうやって再利用するか悩むなら捨てちゃいましょう!

捨てちゃえばどう再利用するか悩まず頭がスッキリしますよ(笑)

うちわの骨組みはプラスチックごみ、紙の部分は燃えるごみとして捨てます。

水に浸けると簡単にうちわに貼ってある紙が剥がすことができますよ♪

 

・まとめ

うちわの再利用方法は、

・壁に飾る

・紙を剥がして新しいうちわを作る

・工作や自由研究の材料に使う

・オークションで売ってしまう

・捨てる

 

捨てるはうちわの再利用方法とは言えないかもしれません・・・

ですが、どう再利用するか迷ったら捨ててしまうのが良いと思います。

捨てずに保管しても邪魔なだけですからね(笑)

 

この記事を参考にうちわを上手に再利用してみてください!

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お盆にペットの霊が帰ってくるの?ペットが喜ぶ供養の仕方は?

お盆期間はご先祖様の霊が帰ってくると云われています。 ご先祖の霊だけでなく亡くなったペットの霊も帰ってくるか疑問に思いませんか?お盆期間だけでも好きだったペットの霊が帰ってきてくれたら嬉しいですよね。 …

黒板の字のきれいに書くポイントを教えます!これで汚い字とはオサラバしよう!

最近は黒板ではなくホワイトボードを使用する学校も増えてきたかと思いますが、まだまだ黒板は健在です。 だれもが小学生の時代から、黒板に書かれたものを見たり書き写したりしながら、授業を受けて学生生活を送っ …

ランドセルはピンクだと後悔するの?後悔しないランドセルの選び方は?

小学校に入学するお子さんがいる人は ランドセル選びをする時期なのではないのでしょうか? 今どきのランドセルは黒や赤以外にもいろいろな色があるので迷いますよね♪   「ピンクのランドセルが良い」と言う女 …

子供の日は何歳まで祝うの?鯉のぼりなどはいつまで飾ればいいの?

「子どもの日」は5月5日で、もともとは「端午の節句」という男の子の健やかな成長を願い、 兜鎧、五月人形を飾ったり、鯉のぼりを立ててお祝いする日でした。   そんな子供の日は子どもがいくつにな …

お年玉袋の処分方法は?そもそも処分しても大丈夫なの?

お年玉袋は、どう処分すればいいのでしょうか? お正月にお年玉を貰う機会がある人もいると思います。 子供なら親戚のおじさんやおばさんからいただきますよね。 社会人なら上司から貰えるかもしれません。 &n …