生活

ハッカ油を撒いたら発火するの?ハッカ油の注意点は?

投稿日:

ハッカ油は虫よけなどに使えて便利ですよね。

先日、消臭のため部屋にハッカ油を撒きました。

 

しかし、ハッカ油から発火しないか心配になってきました。

ハッカ油って油だし、もし何かあって火事になったら・・・

 

そこで今回は、ハッカ油の発火について調べてみました。

 

・ハッカ油の発火は?

ハッカ油(原液)の引火点は80℃です。

引火点とは火を近づけてこの温度になったら、発火する温度

なので、ハッカ油をキッチンや暖房などの近くに置くのは止めましょう。

ちなみに灯油の引火点は40~60℃なので灯油より少し高いですね。

 

 

自然発火する温度は引火点より高いのが普通

ハッカ油の引火点は80℃なので、それ以上じゃないと発火しません。

室内や外の気温が80℃以上になることはほとんどないので、

室内や外でハッカ油を撒いたからと言って発火する心配はありません。

 

 

それにハッカ油は原液ではなく薄めて使うことがほとんどだと思います。

市販のハッカスプレーなどは薄めたハッカ油を使っている場合がほとんど

薄めたら、ほぼ何も起きようがないので安心してください。

 

市販のハッカスプレーを使って、

頻繁に火事が起きたら販売どころじゃありませんよね(笑)

 

・ハッカ油の注意点

ハッカ油は火の近くに置かなければ発火することはほとんどありません。

 

しかし、ハッカ油は肌への刺激が強いので気を付けてください。

ハッカ油の原液を肌につけるとヒリヒリと痛みを感じることがあります。

特にお子さんだと肌も弱いので危険ですよね。

なので、原液のハッカ油は薄めてから肌に付けるようにしてください。

 

 

あとハッカ油独特のあの強烈な匂いが嫌いな人もいます。

外出するときはハッカ油は付けずに出かけたほうが良いかも

 

ペットを飼っている場合はハッカ油の使用を控えましょう。

ハッカ油の成分・匂いでペットが下痢や嘔吐を起こしてしまうかもしれないから

特に猫や小鳥などはハッカ油が苦手なようです。

 

・まとめ

ハッカ油の引火点は80℃なので発火の心配はほとんどありません。

しかし、キッチンや暖房など火の近くに置かないようにしましょう。

 

市販のハッカ油スプレーはハッカ油を薄めて作っているので、

発火のすることはほとんどないと思います。

 

ハッカ油は肌への刺激が強いので気を付けてください。

体にかけるときは薄めてから使いましょう。

 

安全にハッカ油を使うよう心がけてください。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【簡単】トイレットペーパーがないピンチはこうして乗り越えよう!

お出かけ先で、突然の腹痛と便意が・・・ そんな時あわてて入ったトイレで用を足した後にトイレットペーパーが切れていたことありませんか? トイレットペーパーがないとお尻が拭けないので嫌ですよね・・・ 拭か …

サウナ後に運動をしても大丈夫?逆に運動後のサウナは?

サウナ後の運動は効果があるのでしょうか? 運動をしている人なら、このような疑問を思ったことがあるのではないでしょうか?   サウナ後の運動は効果があるのか友人に聞いてみると 「効果は無いよ」 …

ヘアブラシが臭い!簡単に清潔さを保つ方法を教えます!

毎日使うヘアブラシ。 朝の忙しい時間に使うことが多いので、あまり気にすることはありませんが、意外と汚れがたまりやすいです。   髪をとかすときに抜けてしまった紙の毛は、1本や2本くらいでは特 …

クリスマスプレゼント交換の音楽は何が良い?盛り上がる曲紹介します!

クリスマスにクリスマスパーティーを行う人も多いと思います。 そんなクリスマスパーティーのメインイベントといえばプレゼント交換。   どんなプレゼントが貰えるかワクワクしますよね。 でも普通に …

ぼっちが体育のペアやチーム作りでツライ思いをしない方法!!

ぼっちが体育のペア作りでツライ思いをしない方法中学生の頃とは違い、高校生になると入学時のクラスメイトのほとんどは初対面でしょう。 いままで苦楽を共にしてきた小、中学生時代の友人は数えるほどしかいません …