生活

ハッカ油を撒いたら発火するの?ハッカ油の注意点は?

投稿日:

ハッカ油は虫よけなどに使えて便利ですよね。

先日、消臭のため部屋にハッカ油を撒きました。

 

しかし、ハッカ油から発火しないか心配になってきました。

ハッカ油って油だし、もし何かあって火事になったら・・・

 

そこで今回は、ハッカ油の発火について調べてみました。

 

・ハッカ油の発火は?

ハッカ油(原液)の引火点は80℃です。

引火点とは火を近づけてこの温度になったら、発火する温度

なので、ハッカ油をキッチンや暖房などの近くに置くのは止めましょう。

ちなみに灯油の引火点は40~60℃なので灯油より少し高いですね。

 

 

自然発火する温度は引火点より高いのが普通

ハッカ油の引火点は80℃なので、それ以上じゃないと発火しません。

室内や外の気温が80℃以上になることはほとんどないので、

室内や外でハッカ油を撒いたからと言って発火する心配はありません。

 

 

それにハッカ油は原液ではなく薄めて使うことがほとんどだと思います。

市販のハッカスプレーなどは薄めたハッカ油を使っている場合がほとんど

薄めたら、ほぼ何も起きようがないので安心してください。

 

市販のハッカスプレーを使って、

頻繁に火事が起きたら販売どころじゃありませんよね(笑)

 

・ハッカ油の注意点

ハッカ油は火の近くに置かなければ発火することはほとんどありません。

 

しかし、ハッカ油は肌への刺激が強いので気を付けてください。

ハッカ油の原液を肌につけるとヒリヒリと痛みを感じることがあります。

特にお子さんだと肌も弱いので危険ですよね。

なので、原液のハッカ油は薄めてから肌に付けるようにしてください。

 

 

あとハッカ油独特のあの強烈な匂いが嫌いな人もいます。

外出するときはハッカ油は付けずに出かけたほうが良いかも

 

ペットを飼っている場合はハッカ油の使用を控えましょう。

ハッカ油の成分・匂いでペットが下痢や嘔吐を起こしてしまうかもしれないから

特に猫や小鳥などはハッカ油が苦手なようです。

 

・まとめ

ハッカ油の引火点は80℃なので発火の心配はほとんどありません。

しかし、キッチンや暖房など火の近くに置かないようにしましょう。

 

市販のハッカ油スプレーはハッカ油を薄めて作っているので、

発火のすることはほとんどないと思います。

 

ハッカ油は肌への刺激が強いので気を付けてください。

体にかけるときは薄めてから使いましょう。

 

安全にハッカ油を使うよう心がけてください。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

クレヨンが短くなったらどうする?こうして再利用しよう!

幼稚園から小学校低学年くらいのお子さんはお絵かきが大好きですよね♪ 子供はうまく外側の紙を外せず、思ったより多く紙をはがしてしまったりして汚れたままのクレヨンでも平気で使っています。 でも使っていれば …

子供の給食が足りない!?そういうときの対処法は?

「給食が足りない・・・」 そう子供に言われたことはないでしょうか? 成長期の子供はたくさん食べるので足りなくなってしまうのは仕方ありません。   給食が足りないとお腹が減り授業に集中できません。 放課 …

鳥肌立ちまくり!マジでかっこいい「社歌」紹介しちゃうゼ!

「社歌」ってご存知ですか? 「社歌」って会社の歌で学校でいうところの校歌みたいなものです。会社勤めの人は自分の会社の社歌ってありますか?歌えますか? 校歌と同じようなものだから堅苦しい歌ばっかなんじゃ …

缶詰は電子レンジで温めてもいいの?直火は大丈夫なの?

缶詰って開けるだけで食べられるので便利ですよね♪ 私は仕事から帰って疲れているときに重宝しています。   冬とか寒い時期だと缶詰を温めて食べたいときありますよね 特におでんの缶詰だと温めたら …

【必見】30代がつまらない!?劇的に楽しくなる方法教えます!

「30代になってから毎日がつまらない」と思いませんか? 日々、仕事に明け暮れ、たまの休日には暇を持て余してる30代の方が多いのではないでしょうか もう一度、若いころみたいに刺激にあふれた楽しい生活を送 …