ダイエット・美容 食べ物

けんちん汁って太るの?ダイエットにどう?素朴な疑問答えます

投稿日:

とってもお腹に優しくて、柔らかい味わいの「けんちん汁」

食べるだけで、心も体もホッコリと癒されますよね。

 

このけんちん汁ですが食べると太る

カロリーを摂り過ぎるのではと敬遠する人も多いそうです!

 

けんちん汁はその昔、お坊さんが食べていたって聞いたことがあります。

とすると・・・本当に食べると太るの?カロリーはどうなの?

と、いろんな疑問が出てきますよね

 

これはちゃん知らなければと思い調べてみたので、

それをここで紹介していきます!

 

・けんちん汁はなぜ太ると言われるの?

なぜ、けんちん汁を食べれば太ると言われるのでしょうか?

その一番の原因は「具の多さ」にあります。

 

一度、想像してみて下さい。

「けんちん汁」と聞くとまず思い浮かぶのは

お椀いっぱいに山のように盛られた具の数々ですよね!

 

それを見ただけでボリュームに圧倒されて、もうお腹いっぱい(笑)

具の野菜の糖質もたくさん入っています。 

 

それをメインのおかずとあわせると、

カロリーを摂り過ぎるので止めておかねば・・・

と、感じる人が多いのではないかと思います。

 

つまり、けんちん汁は見た目だけで「太ってしまうのでは?」という

偏見を持たれてしまう「悲劇の食べ物」なんです(笑)

 

 

でも安心して下さい。 

そんな事実は全くありません。 

むしろ、けんちん汁は低カロリーで栄養満点です!

この事実にひとまずは安心ですね♪

 

肩の力が抜けてリラックスできたところで、

では、なぜ太らないのかを栄養面や具材などから細かく見てきましょう。

 

・けんちん汁が太らない理由

けんちん汁のカロリー、糖質、脂質、具材に注目して見ていきましょう!

 

1、けんちん汁のカロリー

けんちん汁のお椀1杯のカロリーは、

シンプルなもので約70kcalとなります。

 

これは味噌汁の約60kcalには少し及びません。

しかし、「豚汁」の約140kcalに比べると低カロリーなんです。

 

女性が1食で摂取するカロリーの目安は580~600kcal

汁物として一杯のむぐらいであれば何ら問題はありません。

心配なら少しだけ具を減らして食べましょう!

 

 

2、けんちん汁の糖質

けんちん汁の糖質は、お椀1杯で約6.5~7gとなります。

 

これは味噌汁の約3g、豚汁の約5gと比べると、

残念ながら一番糖質の量が多いことがわかります。

 

多分この事が、けんちん汁を食べたら太るという

大きな誤解を生む原因となっているに違いありません!

 

 

でも、何の心配もいりません。

おかずの糖質量さえ気を付ければ、

1食当たりの糖質量を越えず問題なく飲むことができます。

 

ただ、糖質にこだわるときは、けんちん汁ではなく豚汁がオススメです。

 

 

3、けんちん汁の脂質

けんちん汁1杯に約2.7~3gの脂質が含まれています。

 

みそ汁には約2.5g、豚汁に至っては約10gも含まれています。

みそ汁には負けますが、豚汁よりも脂質は少ないですね♪

 

女性の1日の脂質摂取量の目安は16.2gです。

脂質にこだわるなら脂質が少ない「みそ汁」がオススメです。

 

 

しかし、脂質は人間の健康にとっては必要不可欠

なので、ある程度の脂質はきちんと摂らなくてはいけません。

細かく気にし過ぎず、けんちん汁を適量食べていきましょう!

 

カロリーも脂質もかなり低くてちょっとやそっとじゃ太らないんですね♪

糖質だけは注意が必要ですが、神経質になる程ではありませんね。

 

 

4、けんちん汁の具材

けんちん汁は具材によってカロリーが違ってきます。

前に書いたように、最低限の具と汁で約70kcal

盛り沢山の具材と量でも約140kcal

 

基本的な具材は里芋と木綿豆腐・ごぼう・こんにゃく、

大根・にんじん・したいたけ・長ネギです。

 

それにお好みによって、シメジ、マイタケなどのキノコ類、

レンコンや油揚げ、ワカメなどの冷蔵庫にある根菜類なら何でも合います。

 

けんちん汁は根菜類をベースとしており脂質が少なく、

腸内環境を整えて体を温めてくれます。

 

そして、こんなに低カロリーで野菜も栄養もたくさん摂れるとなると、

けんちん汁は健康に良い食べ物ですね♪

 

その日にあるモノをドンドン入れていけば、

飽きずに食べることができますよね。

 

・まとめ

簡単にまとめていきましょう!

 

1、けんちん汁はなぜ太ると言われるの?

具沢山で、野菜の糖質が多すぎると誤解されているからです。

 

2、けんちん汁が太らない理由

カロリー、糖質、脂質のどれをとっても低めです。

ただし、厳密な糖質制限をする時はオススメできません。

具材が豊富で整腸作用や体を温めてくれる効果があります。

 

 

けんちん汁は低カロリーで栄養も豊富です。

ぜひ、けんちん汁を食べてカロリーを抑え健康な生活を送ってみてはいかがでしょうか?

-ダイエット・美容, 食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

桜餅の葉はシソの葉なの?桜餅の葉は食べたほうが良いの?

春に桜餅を食べる人も多いと思います。 桜餅と言えば「春の食べ物」というイメージがありますもんね♪   ですが、桜餅を包んでいる葉は「シソの葉」なのでしょうか? 確かに緑色でシソの葉にそっくり …

生チョコの持ち運びはどうしてる?これで衛生面はバッチリ!

バレンタインデーに生チョコを渡す人もいますよね そのとき、どのように生チョコを持ち運べばいいのでしょうか?   生チョコを持ち運んでいる途中で傷んだら嫌ですよね? 傷んだのを食べて食中毒にな …

松前漬けを食べると太る!?ダイエットに効果があるって本当?

「松前漬けって太りやすいのかなぁ?」と妻が聞いてきました。   確かに松前漬けは、海の幸でできているから低カロリーそうだしどうなんだろう? 低カロリーならダイエットに効果があるのかな? 考え …

恵方巻きは常温保存しても大丈夫なの?美味しい保存方法は?

恵方巻きは常温保存しても大丈夫なのでしょうか?   節分の食べ物と言えば「恵方巻き」 恵方巻きを毎年決まった方向に食べて願い事をすると叶うなんて言いますよね   恵方巻き1本が大き …

とうもろこしの食べ方にマナーはあるの?そのまま噛り付くのは?

夏はとうもろこしを食べる機会が多いですよね 夏祭りの屋台やバーベキューでよく食べる人もいると思います。 それにとうもろこしは夏が旬です。 まさにとうもろこしは夏の食べ物ですね(笑)   そんな、とうも …