食べ物

みかんを温めると栄養はどうなるの?結果はまさかの・・・

投稿日:

冬の果物と言えば「みかん」なのではないでしょうか?

コタツに入ってみかんを食べるイメージがありますよね

 

皆さんは、みかんを温める調理法があるのを知っていましたか?

 

果物は加熱すると栄養が逃げ出してしまい不味くなるのでは?

私はそう思っていたので、今まで加熱したことがありませんでした。

 

温めると美味しくなるのでしょうか?

栄養は減ったりしないのでしょうか?

 

そこで今回は、みかんを温めると栄養はどうなるのか調べてまとめてみました!

 

・みかんを温めると栄養は?

果物は加熱するとビタミンが逃げてしまい、

全体の栄養価が下がってしまうイメージがありますよね。

 

でも逆に温めたら栄養が多くなる果物もあります。

その代表が「みかん」

みかんは温めると栄養が増えるんです!

 

え?みかんって加熱しても大丈夫なんだ!?

加熱で栄養価が高くなるなんて驚きです!

 

 

なぜ、みかんは温めると栄養が増えるのでしょうか?

その秘密は「みかんの皮」にあります。

 

みかんの皮は栄養が豊富に含まれています。

みかんを温めると、この皮の栄養が果肉に向かって浸透していきます。

これにより、みかん(正確には果肉部分)の栄養が増えるというわけなんですね♪

温めることで、みかんの皮の栄養が果肉に移動するイメージです

 

 

他にも温めるとみかんはより甘くなります。

みかんのすっぱさはクエン酸が原因と言われています。

このクエン酸は温めるとドンドン減っていきます。

つまり、みかんを温めればクエン酸が減り甘くなるんですね♪

 

温めるだけで甘くなるし、栄養も増えるなんて一石二鳥です

 

ですが、どのようにみかんを温めればいいのでしょうか?

ズバリ温めて「焼きみかん」にするのがオススメ

次に焼きみかんの作り方を紹介します!

 

・「焼きみかん」の作り方

栄養豊富な皮まで食べたいので無農薬のものを選びます。

焼きみかんにすることで皮まで美味しく食べられます!

 

焼きみかんの作り方は、たった2ステップです。

 

①みかんをよく洗う

ワクッスや農薬が心配であれば熱めのお湯に1分程浸けておきます。

その後、水分をよく拭き取ってから焼いていきます!

 

②焼いていく

「焼きみかん」なので焼きましょう(笑)

焼き方は家にある器具に合わせて焼いて下さい。

・フライパンに載せてコロコロ転がし炒めるように焼きます。

・オーブントースターで10分前後焼きます。

・ストーブや魚焼きグリルで焦げ目がつくまで焼きます。(7~10分)

・「焼きみかん専用器具」で焼きます。

 

身の周りの調理器具で手軽に焼くことができますね。

時間も10分ほどで気軽に作れます♪

 

次に焼きみかんを食べると、どのような効果があるのか見ていきましょう!

 

・焼きみかんの嬉しい効果

焼きみかんには

・ビタミンⅭ

・βクリプトキサンチン

・へスぺリジン(ビタミンP)

・ペクチン

などの栄養が含まれています。

 

ビタミンPなんて初めて聞きました(笑)

こんな栄養素があるんですね♪

 

①ビタミンCの効果

風邪などの病気の予防に効果があります。

他にも美肌・若返り効果があり、肌荒れ予防やシミ対策にピッタリです。

焼きみかんに含まれるビタミンCは、

抗酸化物質で体の免疫力を高めてくれます。

 

 

②βクリプトキサンチンの効果

βクリプトキサンチンの効果は、

・発がん抑制

・糖尿病の進行抑制

・メタボリックシンドロームの予防

・骨粗しょう症予防

・美肌効果

などの効果があります。

 

焼きみかんに含まれるβクリプトキサンチンは、みかんの橙色の色素です。

抗酸化力が高く免疫力を高めて、発ガン物質から体を守ってくれます。

 

 

③へスぺリジン(ビタミンP)の効果

へスぺリジンの効果は、

・血流改善

・血中コレステロールの改善

・アレルギー抑制

・冷え性改善

・美肌効果

などの嬉しい効果があります。

 

ヘスペリジンは、ポリフェノールの一種で皮や白い筋に多く含まれます。

体を温めたり、ビタミンCを吸収しやすくしたりする働きもあります。

 

④ペクチンの効果

ペクチンには血糖値の上昇を抑える働きがあります。

 

他にも腸を整える働きで老廃物を排出させるので、

・吹き出物の予防

・シミやたるみ予防

などの効果もあります。

 

ペクチンは水溶性食物繊維で、みかんの白い筋に多く含まれます。

コレステロールや糖分の吸収を抑え、太りにくい体にしてくれます。

 

 

みかんの白い筋にも栄養が豊富に含まれているんですね♪

みかんを食べるときは、白い筋は捨てずに食べましょう!

 

・まとめ

簡単に振り返っていきましょう!

 

みかんを温めると皮の栄養が果肉に移り栄養がアップします。

他にもクエン酸が減るのでより甘くなりますよ♪

 

みかんを温めるときは「焼きみかん」がオススメ

みかんを水で洗って、オーブンやフライパンなどで焼くだけです。

焦げ目が付くまで焼くのがポイント

たった2ステップなので簡単ですね

 

ぜひ、みかんを食べるときは温めて食べましょう!

温めるだけで甘さと栄養が上がります!

-食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

キャベツはどれくらいもつの?日持ちする保存方法は?

キャベツを買ってきたのですが キャベツって一体どれくらいもつものなのでしょうか? 賞味期限とか書いていないので気になります・・・ そして、長くもたせるコツや保存法はあるのでしょうか? キャベツはよく食 …

うずらの卵を保存するにはどうすればいい?これで長持ちさせよう!

中華料理によく使われるうずらの卵。 ピクルスにしたりお弁当に入れたりしても美味しくて可愛らしいので、こどもにも人気の食材ですよね! 私も、スーパーで見かけるとつい買ってしまいます。   うず …

里芋に透明な部分は食べても大丈夫なの!?見分け方はあるの?

秋から1月頃までと比較的長く美味しい時期が続く里芋。 食物繊維が豊富で低カロリーとヘルシーです。 寒くなると食べたくなってくる人もいると思います。 ところで買ってきた里芋の皮を剥いたら、透明な部分があ …

マンゴーが酸っぱい原因は?どうすれば甘くて美味しいマンゴーになるの?

マンゴーを食べて、その酸っぱさにビックリした経験はありませんか? 「え?何?」「こんな味なの?」「腐っているの?」と一瞬焦りますよね。 なぜこんなにマンゴーは酸っぱくなるのでしょうか? マンゴーが酸っ …

いちご大福の冷蔵庫での保存方法は?これで美味しく保存できる!

いちご大福の冷蔵庫での保存方法は? 急ですが、いちご大福って美味しいですよね 噛んだ瞬間からシュワッと広がる酸味と甘み それにモチモチ感がたまりませんよね!   余ったり、作ったりしたいちご …