生活

カイロで目を温めても良いの?疲れが取れるカイロの使い方は?

投稿日:2018年8月15日 更新日:

寒い冬に活躍するカイロ

バッグなどにカイロを入れている人もいますよね

 

カイロを背中などに貼ると思いますが、目に当てても良いのでしょうか?

目が温めるので目の疲れが和らぎそうですね

しかし、目だと火傷しないか心配・・・

 

今回は、目にカイロを当てても大丈夫なのか調べてまとめてみました。

 

・カイロを目に当てるのは良いの?

カイロは中に入っている鉄粉が、さびるときに生じる熱で温かくなる仕組み

結論を言うと、目に直接カイロを当てるのは止めたほうが良いです。

じかに当ててしまうと低温やけどしてしまうから

 

どうしても目にカイロを当てたい時は、何かにくるんで使いましょう。

タオルにくるんだり、ホットアイマスクの中に入れて温度を調節してください。

もちろん、当てる前に温度を確認してくださいね。

熱過ぎるとヤケドしてしまうかもしれないので気を付けてください。

 

 

目を温めると目の疲労を和らげることができます。

目の緊張やコリが疲れの原因

目を温めて血流を良くすることで、疲労が和らぎます。

 

カイロ以外に蒸しタオルで目を温めるのもおススメです。

40℃の蒸しタオルを10分ほど目に当てましょう。

蒸しタオルの蒸気で目の奥まで温められて、目がスッキリしますよ。

 

私も蒸しタオルで目を温めるのですが、効果抜群で疲れが吹っ飛びます(笑)

蒸しタオルなら洗えば、何度でも使えるので経済的ですね。

 

 

また、目を温めることでドライアイ予防にもなります。

温めることで、まぶたの縁にある皮脂を貯めるマイボーム線から油が出ます。

その油が涙の蒸発を抑えてくれるのでドライアイに効果アリ

 

目を温めることで、これだけ目に良いことがあるんですね。

もちろん、熱過ぎるとヤケドしてしまうので注意して下さいね。

 

・カイロを○○に当てると・・・

実は目以外にもカイロを当てることで眼精疲労を和らげるところがあります。

それは腎臓です。

腎臓と目は離れているので意外ですね(^-^)

 

腎臓と目は密接に関係しています。

腎臓の機能低下が、眼精疲労につながると言われています。

なので、腎臓を温めることで目の疲労が和らぐという仕組み

 

 

腹巻をして腎臓を寒さから守ってあげるのも良いかもしれませんね。

また、腎臓を温めるとダイエットや冷え性にも効果がありますよ。

 

と言っても、腎臓の位置って正直分かりませんよね・・・

私も上半身のどこかにあるということしか知りません(笑)

腎臓はお腹の背中側に位置しています。

もう少し正確に言うと、手を後ろに回したときの脇腹と背骨の中間あたり

 

・カイロを使う時の注意点

カイロを使うときに注意してほしいのが低温火傷

低温火傷とは、名前の通り火傷しないような

低温なものに長時間触れることによりできる火傷です。

カイロ以外に湯たんぽ、懐炉、ストーブ、ホットカーペットなどでも起こります。

 

 

低温火傷と言う名前から軽く見られがち

私も低温火傷なんて大したことないだろうと思っていました。

しかし、調べてみると皮膚の奥深くまでダメージを受けてしまう厄介者

 

長く触れることでできる火傷なので、奥深くまで達してしまいます

しかも、見た目が軽傷なので気づかないこともあるそうです・・・

放っておくと、水ぶくれや皮膚がただれてしまいます。

うーん、低温火傷にはなりたくないですね

 

 

低温火傷にならないためにも

・長時間当てない

・寝るときにカイロを使わない

・カイロを貼っている場所を圧迫しない

・直接、肌にカイロを当てない

これらを守ることが大切です。

 

もしも、熱いなど異変を感じたらカイロを外してください。

低温火傷だなと思ったら、水などで冷やしましょう。

冷却スプレーは火傷を治すものではないのでおススメできません。

酷い場合は、皮膚科の先生に見て貰うようにして下さい。

 

 

温かさが残っているカイロを捨てるのは辞めましょう。

ゴミから発生するガスと反応して発火する恐れがあるから

 

未開封のカイロは、開封して発熱させてから捨てるようにしましょう。

くれぐれも未開封のまま捨てないでくださいね。

完全に冷めたのを確認してから捨ててください!

 

・まとめ

これまでのことを簡単にまとめていきましょう。

低温火傷になるので直接カイロを目に当てるのはダメ

 

当てたいときは、タオルなどにくるんで直接当たらないようにしましょう。

カイロが無い時は、蒸しタオルで目を温めるのも良いですね。

腎臓をカイロで温めると眼精疲労に効きますよ。

 

低温火傷にならないためにも以下のことに注意して下さい。

・カイロを長時間当てない

・寝るときにカイロを使わない

・カイロを貼っている場所を圧迫しない

・直接、肌にカイロを当てない

 

低温火傷にならないよう正しくホッカイロを使いましょう。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

30代からの体力低下に怯える私がオススメしたい体力づくり法3選

「30代になると体力が落ちて、疲れやすくなる」とよく聞きます。 ちょうどもうすぐ30歳を迎える私の周りでも、 多くの人たち口を揃えて言うので、そう刷り込まれていたのでしょうか(笑)   私は …

ぼっちが体育のペアやチーム作りでツライ思いをしない方法!!

ぼっちが体育のペア作りでツライ思いをしない方法中学生の頃とは違い、高校生になると入学時のクラスメイトのほとんどは初対面でしょう。 いままで苦楽を共にしてきた小、中学生時代の友人は数えるほどしかいません …

桜餅の葉はシソの葉なの?桜餅の葉は食べたほうが良いの?

春に桜餅を食べる人も多いと思います。 桜餅と言えば「春の食べ物」というイメージがありますもんね♪   ですが、桜餅を包んでいる葉は「シソの葉」なのでしょうか? 確かに緑色でシソの葉にそっくり …

バスタオルを買い替えるタイミングは?オススメの再利用方法は?

日常的に使っているバスタオル。 みなさんはどのくらいの期間で買い替えていますか?   「古いけどもったいないから」と言ってずっと同じバスタオルを使っていませんか。 始めに結論を言うと買い替え …

電球の買い方はこれだけ守れば大丈夫!ワット数やボルト数が違うときはどうする?

生活していると、年に数回あるかどうかという程度の「ちょっとした厄介事」ってありますよね。 ボタン電池の買い替え、手紙を出すときの切手の料金、履歴書の正しい書き方などなど・・・   そんなちょ …