生活

餅つきの掛け声・服装は何が良いか調べてまとめてみました!

投稿日:

冬や正月になると地元の餅つき大会に参加する人もいると思います。

もちろん、親戚や家族で餅つきをする人もいますよね。

餅つきの掛け声は何が良いのでしょうか?

カッコいい掛け声でリズムよく餅をつきたいですよね。

また、餅つきに参加するときの服装はどうすればいいか悩むところ

今回は、これらの疑問に答えていきます。

・餅つきの掛け声は何が良い?

掛け声は、つく人が「よいしょ!」返す人が「はい!」

他にも、つく人が「えい!」返す人が「ほっ!」や「イチ!」「ニ!」があります。

掛け声は、あくまでも餅をつくタイミングを合わせるものなので他のでもOK

つく人と返す人で話し合って決めるのも良いですね。

お互いが言いやすい掛け声にするのがベストだと思います。

私が餅つきをした時は「よいしょ!」「はい!」でした。

個人的にはこれが言いやすいので、迷ったらこれがおススメです。

 

掛け声は、杵(きね)を持つ人が、臼(うす)のお餅をひっくり返す人に杵が当たらないようにするのが目的。

杵がぶつからないように返す人の掛け声が聞こえたら、杵をおろすのがポイントです。

別に餅つきのプロみたいに早くやる必要はありません。

怪我なく安全に餅つきをするのが一番です。

事故が起きないように本番前に掛け声を発しながら、餅をつく練習をしておくと良いですね。

・餅つきの服装は?

餅をつくと水が飛んできたり、調理では汚れたりすることが多いです。

なので、エプロンなど汚れても大丈夫な服装で餅つきに参加しましょう。

冬で寒いと思いますが、餅をついていると体が温かくなってくるので脱ぎやすい恰好で行くのが良いですね。

餅をつく人は、動きやすい恰好にしましょう。

私は、地元の餅つき大会にジャージで参加しました。

ジャージだと動きやすいのはもちろん、脱ぎやすいのでおススメ

 

また、餅が手に付いたり、食中毒防止のため手を洗う機会が多いので、手ぬぐいやハンカチを持っていきましょう。

何回も手を拭くとハンカチが不衛生になるので、多めにハンカチを持っていったり、ウェットティッシュを準備しておくと良いですね。

マスクや三角巾を着けると食中毒対策にもなります。

・まとめ

餅つきの掛け声は「よいしょ!」「はい!」や「えい!」「ほっ!」があります。

餅つきのリズムを合わせるものなので、もちろん他のでも大丈夫

 

餅をついて水が飛んだり、餅が付いたりするので汚れても良い服装で参加しましょう。

エプロンや割烹着なら調理がしやすいですね。

餅をつく人は、ジャージなど動きやすい恰好で行きましょう。

また、餅をついていると暑くなってくるので脱ぎやすい恰好がおススメ

手を洗う機会が多いのでハンカチや手ぬぐいを忘れないでください。

 

餅つきで怖いのが食中毒やノロウイルスです。

手を洗うなどしっかり食中毒対策をして、楽しい餅つきにして下さい。

餅つきの食中毒対策に関する記事はこちらから

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

30代からの体力低下に怯える私がオススメしたい体力づくり法3選

「30代になると体力が落ちて、疲れやすくなる」とよく聞きます。 ちょうどもうすぐ30歳を迎える私の周りでも、 多くの人たち口を揃えて言うので、そう刷り込まれていたのでしょうか(笑)   私は …

保育園にお盆休みはある?? お盆中の子どもの預け方教えます

共働きの夫婦にとって、子育てに無くてはならないほど助かっている「保育園」ですが、   お盆の時期にも子どもを預かってくれるのか、気になりますよね。   わたし自身もまさに働きながら子育てをする身として …

母の日に何もしない娘!その理由は?どうしたら何かしてくれるの?

ここ最近「母の日」に何もしない娘さんが増えてるって知っていますか? どうして何もしてくれないのか悩むお母さんも多いと聞きます。   なぜ娘さんは母の日に何もしないのでしょうか? 少し気になっ …

帰省のゴミ出しはこれで完璧!生ゴミが残ったらどうするの?

そろそろ実家に帰省する時期でしょうか? 帰省は地元の友達に会えたり、実家でゴロゴロできるので楽しみですよね(笑)   ですが、帰省する前にやらなくてはいけないことがあります。 それは・・・ゴミ出し! …

子供の日は何歳まで祝うの?鯉のぼりなどはいつまで飾ればいいの?

「子どもの日」は5月5日で、もともとは「端午の節句」という男の子の健やかな成長を願い、 兜鎧、五月人形を飾ったり、鯉のぼりを立ててお祝いする日でした。   そんな子供の日は子どもがいくつにな …